前へ
次へ

梅雨の時期に体調不良になる理由

日本には特に雨季や乾季はありませんが、北海道を除くと梅雨と呼ばれる雨が多い時期があります。
東南アジアなどの雨季のような大雨が降ることは少ないですが、どちらかといえばどんよりとした曇りの日が続き雨の量も多くなります。
何となく気分がすぐれずやる気が出ないと感じる人もいるでしょう。
梅雨の原因は日本列島に梅雨前線が停滞するためで、この前線は高気圧と低気圧がぶつかることで発生します。
梅雨明けをすると梅雨前線はなくなり、日本を高気圧が覆うようになります。
つまり梅雨の時期に体調不良が起こるのは梅雨前線の低気圧が影響している可能性があります。
気圧の変化はなかなか感じるのが難しいですが、登山などをしている人だと多少感じやすいかもしれません。
よく頭痛が起きやすい人も低気圧が原因のことがあります。
低気圧以外に湿度が異常に高くなることで体調が悪くなるときがあります。
体温調節などがしにくくなることが原因かもしれません。

Page Top