前へ
次へ

顎関節症の原因や治療と生活習慣の改善

口を開けるときに変な音がしたり、違和感があるなどの症状が起こると顎関節症の可能性があります。
顎の関節に問題があると食事がしにくくなったり、しゃべるのが難しくなったりと日常生活に支障が出てきます。
また関連して頭が痛くなる、手や肩がしびれるなどの症状が起きてくることがあります。
そこで症状が軽いうちに医師の診察を受けることをおすすめします。
顎関節症になる原因として考えられるのは、歯のかみ合わせが悪いと起きることが多いようです。
またストレスを抱えていると顎関節症になることがあります。
それから歯ぎしりをする、スポーツなどで歯を食いしばるのも顎関節症の原因です。
そして顎関節症の治療はスプリントという装具をつけて行っていきます。
スプリントを装着すると関節の状態が正常になります。
また生活習慣を改善することでもよくなります。
食べ物は硬いものは避けて柔らかいものを食べるようにしたり、大口を開けてあくびを避けるようにすることです。

Page Top